おすすめ!ダスキンのキッチンスポンジ モノトーンもあった!

おすすめのキッチンスポンジ

毎日使う、キッチン用のスポンジ、

何をお使いですか?

こういう日用品って、選び方も様々ですよね。

・こだわりなし!粗品のスポンジでも大歓迎

・頻繁に替えるから、100円ショップのもの

・毎日使うものだからこそ、こだわりあり!

どれかに当てはまりますか?

もし、特にこだわりがないなら、

100円ショップのスポンジで

使い辛さを感じているなら、

おすすめしたいキッチンスポンジがあります!

「ダスキン」さんの

キッチンスポンジです!

わたしは今まで、こだわりはないけれど、

スポンジの良し悪しは感じていました。

何となく必要になったタイミングで

ドラッグストアや100円ショップで買うことを繰り返していましたが、

泡持ちが悪かったり、

すぐにへたってしまったり。

使っていてストレスは感じるけれど、

使いやすいスポンジを追求をせず、

結婚して10数年。

それが、ダスキンのスポンジを知って、

即リピーターになってしまいました。

スポンサーリンク

ダスキンのキッチンスポンジの良さ

ダスキンのキッチンスポンジの

良さはどこでしょうか。

長持ち・耐久性に優れている

使用前の新品の状態だと、結構固いので、

一見、使いづらそうに感じます。

でも、使い始めるとすぐに馴染んできます。

柔らかくなって使いやすくなるのに、

使い続けてもへたらないのです。

厚みも形の変わりません。

不思議ですよね。

一般的なスポンジは、使い続けると

ぺしゃんこになってしまいます。

泡立ち・泡持ちがよい

泡立ちの良さはピカイチです!

それはスポンジの構造によるものらしく、

ダスキンのスポンジは、

・大き目の網目のスポンジ

・小さめの網目のスポンジ

・研磨剤入りの不織布

この3つの構造からできています。

真ん中の小さい網目のスポンジ部分が、

洗剤をしっかり保持する構造なのです。

この網目は、使い続けても潰れないので、

ぐっと握るたびにしっかり泡立ってくれます。

お皿からフライパンまでOK

スポンジ部分は、お皿洗いに使用し、

反対側の、研磨剤入り不織布部分では、

フライパンや鍋の焦げ付き汚れも、

簡単に落とします。

私の母は、捨てる前にコンロの五徳を磨き、

最後の最後まで使い切って処分していますよ。

分厚く、ちょっと大きめサイズ

3層構造ということで

厚みはしっかりありますが、

サイズも一般的なものより若干大きいようです。

ちょっと縦長なんです。

(6.5㎝×12.5㎝×3.5㎝)

細長いグラスも中まで届きやすいです。

またグラスにスポンジを押し込んでも、

ぐにゃっとならず、

しっかりした形状のままなので、

中までしっかり洗えるところも

気に入っています。

***

ダスキンのスポンジの良さを書きましたが、

これはまさに、

「百聞は一見にしかず」です。

あ、一見ではないですね、

「一使用」です!

もし使ってみたいなと思われた方がいらっしゃいましたら、

次の点も知っていただきたいです。

スポンサーリンク

ダスキンスポンジはどこで買える?

ダスキンという会社名は、

お掃除会社としてのイメージが強いですが、

こういった小物も販売しているのですね。

このキッチンスポンジは、

ダスキンさんの大人気商品なのですが、

消費者が気軽に買える場所、

ホームセンターやスーパーの日用品売り場では

取り扱っていないのです。残念です。

逆に言いますと、簡単に手に入らないのに、

わざわざ取り寄せてまで使いたい!

そう思わせる商品なのだと思います。

購入は、ダスキンのオンラインなのですが、

(2018年2月初旬の情報です)

スポンジの部材供給元の工場が火災の為、

販売停止中でした。

お気の毒です。早急の復旧が望まれますね。

楽天市場やAmazonでは在庫がありました。

今購入されるなら、こちらですね。

スポンジは、ビタミンカラーのセットと、

モノトーンのセットがあり、

それぞれ3個で1セットになっています。

ビタミンカラーとモノトーン、どちらが人気?

実は、知り合いにダスキンに勤めている方がおりまして、

その方に聞くところによると、

圧倒的にビタミンカラーが人気だそうです。

「私以外でモノトーンを買う人はほぼいないの」

と、言っておりました。

東京の都心のお話です。

私は断然モノトーン派なので、

ちょっとびっくりしました。

以前から、使いやすいけれど、

カラフルな色がどうもネックで・・。

モノトーンが発売されたときは、

お!と思ったぐらいです。

でも人気はカラフルな方だったのですね。

使い心地はどちらも一緒なので、

お好みカラーをどうぞ^^

丈夫過ぎて替えるタイミングを失う

一般のスポンジは、

替えるタイミングが分かりやすいですよね。

ダスキンのスポンジはなかなかヘタらないので、

替えるタイミングがつかみにくいです。

その点が唯一の難でしょうか。

ヘタらないからといって、

いつまでも使うのは衛生的ではないので、

替えるタイミングを決めておくといいですね。

我が家は、夜は食洗器使用ですので、

使用頻度が低い為、偶数月の月初めです。

(多少前後することもあります)

替える時、まだ使えそうで勿体ないので、

天ぷら鍋を磨いたりして、その後、

シンクの排水溝の掃除に使ってから処分します。

まとめ

毎日使うものだからこそ、

使いやすいものがいいですよね。

ダスキンのスポンジは、

丈夫で長持ち、泡立ちもよく、

ノンストレスです。

1個あたり200円以下(送料込)

で買える点もいいですね。

もし今お使いのキッチンスポンジが

使いづらいな、イマイチだな・・とお感じの方は

是非一度試してみてくださいね^^

スポンサーリンク