【PTA】デメリットばかりではない、引き受けるメリットもある!

年度末、もうすぐ役員の仕事も終わりです。

そしてまた4月から次の役員活動が始まります。

これまでいったい

幾つの役員を引き受けてきたことか・・。

初めは誰でも戸惑うもの

すっかり役員活動に慣れた私ですが、

初めての役員は次女が年少の時です。

クラス役員(3人のうちの1人)を任された

戸惑いは大きかったです。

私は園からの指名により役員になりましたが、

PTA役員、クラス役員、子ども会の役員、

または地域の自治会役員など、

くじで引いてしまったり、輪番制だったり、

意に反して引き受けなければならないこと

あると思います。

また、子供一人につき必ず1回することが

決まっている学校もあります。

期間にして約1年拘束されるわけですから、

憂鬱になってしまうのも仕方ありません。

仕事内容や人間関係、不安なこと多いですよね。

誰しも最初はそんな感じでスタートするのです。

スポンサーリンク

気持ちを切り替える

役員になってしまった以上、

嫌々やるのも1年、

どうせなら楽しもう!と思ってやるのも1年です。

私も、最初こそモヤモヤした気持ちでしたが、

先生が適任と思って選んでくださったことを

前向きに捉え、頑張ってみようと、

気持ちを切り替えました。

こうして始まったPTAの役員活動、

確かに時間も労力も費やすことになりましたが、

たくさんのいい経験をさせてもらいました。

PTA活動で得れたもの、たくさんあります。

PTA役員を引き受けるメリット

子供の学校での様子を知ることができる

平日の昼間の集まりの時は、我が子が、

休み時間どのように過ごしているのか、

どのお友達と仲がいいのか、

こっそり覗いて様子を知ることができます。

また、幼稚園・低学年のうちは、

学校に母親が来ることを喜んでくれます。

学校で顔を合わせた時の嬉しいそうな表情は

なんとも可愛いものです。

先生と顔見知りになれる

日々の活動、月一回の会議、

夏祭り等の企画・運営などで、

担任の先生以外ともお話する機会があります。

顔と名前を知ってもらうことは

今後の学校生活でもプラスになります。

また、改まって電話したり

連絡帳に書くほどでもないことを

気軽に聞くことができるのもメリットです。

保護者同士の交流がある

自分から行動しないと、

他の保護者と話す機会は少なくなりますが、

PTA役員は活動の為に定期的に集まります。

他学年の保護者の方と交流があると、

参考になる情報を知り得ることができます。

例えばですが、先日、

中学の制服(体操服)購入があったのですが、

「長ズボンのジャージは誰も履いてないから

購入一覧から外した方がいいよ」とか、

「女の子は夏でも長袖ブラウス着るから、

半袖ブラウス買わなくていいよ」など、

事前に教えてもらいました。

知らずに買って、無駄にするところでした。

特に今、中学入学の際に準備するものや、

習い事や塾の口コミのなど、

他のお母さん方からいただく情報は、

とても参考になり、助かっています。

その逆で、私から発信できる情報もあります。

役員の仕事がメインですが、そういった

情報交換の場としてとても有難いです。

裏方の大変さを知ることができる

自分が役員として活動するまでは、

一つの行事を開催するのに、

どれほど多くの事前準備が行われているか

ほとんど知りませんでした。

夏祭りなどは、本当にたくさんの方が

早い時期から動いて下さっています。

楽しいお祭りを開催する為に、

多くの方の時間と労力が費やされていることを

身をもって知るということは大切です。

その苦労を知れば、役員をしていない年でも、

前日の準備や当日の店番など、出来る範囲で

お手伝いに入ろうという気持ちになります。

裏方の仕事量や苦労を知ることは、

とてもいい経験になりました。

スポンサーリンク

素敵な女性(お母さん)から学べる

私自身とても良かったと思っている点です。

今でこそ、子供も大きくなり、

学校生活での保護者歴も長くなりましたが、

初めて役員を引き受けたころは、

まだ年齢も若く、経験も浅かったので、

PTA役員の活動を通して、

女性としての気遣いや振舞いなどを

学ばせてもらいました。

例えばですが、役員主催の懇親会があり、

保護者の方へ出欠のアンケートを出した時です。

氏名を記入し、「出欠・欠席」に〇をして

先生に提出してもらい、役員が受け取るという

一般的なアンケートです。

私はそれまで、名前を記入し、

どちらか一方に〇をし、提出していました。

この提出の仕方で問題ないのですが、中には、

「一年間お世話になります。

楽しい企画をありがとうございます。

楽しみにしております。」

「お誘い頂きありがとうございます。

当日は都合がつかず、欠席させて頂きます。

申し訳ございません。」

など、一言 添えてくださる方もいるのです。

とても良い印象を受けました。

結婚式の招待状などでは書き添えますが、

こういう場面でも、きちんとされるのですね。

それ以降、私も一言添えるようにしています。

また、懇親会での食事代の徴収の際も、

事前にお知らせしている金額(1560円)を

一万円札で出す方、2000円を出す方、

封筒に1560円ちょうどを入れてこられる方、

いろいろな方がいらっしゃいます。

同じお支払いの仕方でも様々です。

当日回収した1560円×人数分ですと、

お店への支払いが小銭ばかりになってしまいます。

前もって それに気づいた同じ役員の方が、

合計金額を立て替えて用意してきて下さり、

スマートにお会計することができました。

私はそんなこと思いつきもしなかったです。

大量の小銭でお支払いすることになり、

手間をかけてしまったことでしょう。

* * * 

役員をしていると、

素敵な方の振舞いを知ることができます。

行動力のある方、まとめる力のある方、

資料作成が得意な方、責任感のある方、

そういった方に出会い、学び成長できるのは、

役員活動の最大のメリットだと思います。

PTAを引き受けるメリット・まとめ

PTA役員は、デメリットばかり先行しますが、

お引き受けするメリットもたくさんあるのです。

我が子が喜んでくれる、

新しい交友関係が広がる、

いろいろな情報を知ることができる、

自分の成長でもある、

活動を進めていく中で、プラスの面を知れば、

やり終えた頃にはきっと、

1年間あっという間だったな、

大変だったけど、楽しかったな、

という気持ちに変わっていますよ。

PTA活動が、不満だらけのものになるか、

充実したものになるかどうかは

自分自身の気持ち次第です。

不本意に引き受けることになり方、

不安な気持ちは分かりますが、

私が紹介したようなプラスの面もあるので、

気持ちを前向きに、楽しもうという気持ちで

一年間頑張ってくださいね

仕事をしているのに、PTA役員をすることになってしまったら、とても不安ですよね。活動の為に仕事を休まなければならないの!?仕事をしながらPTA活動に参加する際のスタンスを伝授します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする