共働き家庭の家計の見直し③ 年間の特別費について

家計の見直し③です。

その前に①と②を簡単に紹介します

家計の見直し① 予算の修正と先取り貯蓄

ずいぶん昔に作成した月々の予算金額を今の状況に合わせて修正し、

少しゆとりを持たせた生活費を設定しました。

今までのように、予算が足りずに、月の途中で銀行から下ろす、を繰り返していては、

結局、生活費にいくら使って、貯蓄がいくらできたのか不明になってしまうからです。

その分、先取り貯蓄の金額は少し減ってしまいましたが、

今まで適当に管理していたわたしのパート代を、しっかり貯める方向で計画を立てました。

結果、主人の収入からの貯蓄額は減ってしまいましたが、わたしのパート代をしっかり貯めることで、
世帯貯金額はUPしました。

共働きになったのに、貯金が増えておらず、もう一度家計の見直しを図りました。妻のお小遣い制も導入し貯蓄を増やす仕組みにしました。

家計の見直し② 楽天カードを活用する

もともと月々の光熱費や携帯代などは、楽天カードを使用していましたが、

ガソリンやETC,ふるさと納税、可能な限りの支払いを楽天カードにまとめる作業をしました。

カードの破棄や新規作成は手間がかかりましたが、思い切って動いたことで、

月々の支払が明確になり、使い過ぎを防ぐ効果もありました。

今はダイヤモンド会員までランクアップしました。

また楽天スーパーセールを利用することで、効率よくポイントが貯まるようになり、娘のスニーカーや誕生日プレゼントなども、ポイントで購入することができています。

共働き夫婦の家計の見直しです。月々の支払いを、楽天カード一本にまとめました!まとめることで、締め日や支払日の管理がしやすくなり、またポイントの獲得もアップしました。ランクも上がりましたよ!

共働き家庭の家計の見直し③ 年間の特別費について

今日はここからです。

年払いのものは、毎月少しづつ積み立てる

わたしはこれまで、年払いのものに関しては、支払い額を12で割り、毎月 積み立てていました。

毎月の積立をしていたものは、

  • 固定資産税(春)A
  • 終身保形(年払い)★
  • 定期保険(年払い)★
  • 医療保険(年払い)★
  • 自動車保険(秋)B
  • 自動車税(春)B
  • 車検(2年に1回)B

固定資産税の積み立てはA銀行へ、

車関係はB銀行へ、保険関係(★印)は封筒で管理。

これをしておくと、支払い時期に合わせてお金が用意できているので、慌てずに済みます。

支払いが分かっているものに関しては、毎月少しづつ積み立てるか、

毎月の積立が難しい場合は、ボーナスなどからあらかじめ予算立てしておくといいですね。

この積立するやり方については、わたしに合っているのでこのまま継続していくことにしました。

スポンサーリンク

その他の特別費について

今回一番の見直しはここです。

上記の積み立てとは別に、普通口座に入っているお金が、いわゆる特別費に使うお金でした。

特別費とは、

家族の誕生日・母の日・父の日・クリスマス(プレゼント)・お正月(お年玉)などの毎年決まった時期に必要になるものから、

入園・入学の際の準備費、七五三、習い事の発表会費などの、その年によって変わるもの、

また大型家電の買い替えや、家や車の修繕、スーツなどの高額衣料品などでしょうか。

それに家族旅行も特別費ですね。

このように並べてみると、年間の特別費の割り合いはとても大きいですね。

今まで、この特別費を普通預金口座からなんとなく使っていたので、年間いくらぐらい使っているのか把握していなかったのです。

この特別費をきちんと把握することで、年間の貯蓄額も変わってきますね。

まず始めに、使っていなかった口座があったので、その口座を特別費の管理用に使うことにしました。

次に、2018年の1月~12月までにかかるであろう、特別費を書き出しました。

そしておよその予算を出し、その合計金額をボーナスから割り当てることにしました。

1月~6月までの特別費を、前年の冬のボーナスで、

7月~12月までの特別費を、夏のボーナスでまかないます。

各ボーナスから特別費を引き、車購入費用やリフォーム費用などを別の口座に移し、

最終的に残った分が 純粋な貯金 となります。

この純粋な貯金とは手つかずでおいておけるお金です。

(いずれ勉強して投資に回したいのですが、まだまだ先になりそうです)

今まで特別費をしっかり設けていなかったため、この純粋な貯金というのがどれぐらいできているのかわからなかったのです。

特別費と純貯金がごちゃ混ぜ状態でした。

特別費を最初に設定することで、純貯金をしっかり貯めていくことにつながりそうです。

スポンサーリンク

積み立てと貯金の違い

積み立てと貯金の違いって、人それぞれですよね。

積み立ても貯金という感覚の人もいれば、そうではない人もいます。

わたしは、「積み立て=いずれ支払うもの」という感覚なので、積み立ては貯金として考えていません。

そう考えると、我が家の家計は積み立てが多く、純貯金がなかなか貯まっていないのが現状です。

今回見直すことによって、

・月々の生活費を守り、安易に銀行から引き出さない

・楽天カードを駆使し、ポイントを貯めて活用する

・年間を通して特別費の予算立てを行う

この3点を実行することで、先取りした貯蓄を崩さず、しっかり貯めていくことにつながってきています。

まだ家計見直しから数ヶ月ですが、

今現在、予算内で生活を収めることができていますし、無駄遣いもかなり減っています。

また、特別費として娘の入学準備費を用意していますが、通学のリュックやスニーカーは楽天ポイントを利用して、無料で購入できました。

ポイントありがたい!
これで入学準備の一部金を別に回すことができます。

春は、税金や保険の支払いなどが重なっていますが、これも積み立てているので大丈夫です。

きちんと計画して守れると嬉しいものですし、やる気にもつながります。

無理な面がでてきたときは放置せず、その都度柔軟に修正し、貯まる家計を目指していこうと思います。

※公開上、設定している項目や金額は実際とは多少異なります。

スポンサーリンク