バレンタイン!簡単に作れるスプーンチョコ

スポンサーリンク

バレンタイン、今年の友チョコは何を作ろう・・

中学生の娘がいろいろ考えて調べて、自分ができそうなもの、美味しそうなもの、喜んでもらえそうなもの・・ということで、スプーンチョコを作ることになりました。

スプーンチョコってご存知ですか?

スプーンにチョコがついていて(ブロック状のチョコにスプーンの先が埋め込まれている感じ)
もちろんそのままチョコを食べてもいいのですが、温めた牛乳にチョコがついたスプーンを入れ、チョコを溶かしながら牛乳が飲めるものなのです。

なんともお洒落な^^

でもこれ、購入すると、1つ500円ぐらいしたりするんですよ。

娘はこれをバレンタインの友チョコに作ることにしました。
試作で作ってみたのでご紹介します。

材料と道具

  • 板チョコ(ミルクとホワイト)
  • 飾り用のトッピング
  • 製氷トレイ
  • 木の棒(スプーンの代わり)
  • スタンプ、マスキングテープ

材料と道具はこれだけです。

チョコレートは製菓用ではなくスーパーで売っているもので十分です。

チョコは二種類用意しましたが、お好みで、一種類でもいいです。

他にもこのようなデコもありますよ~

カラフルだと見栄えがしますよね。

スプーンの代わりの木の棒も、100円ショップで購入しました。

製氷トレイはシリコン製ではなく、普通のプラスチックのものです。こちらも100円ショップで購入しました。

下準備

チョコレートを溶かす前に、下準備です。

木の柄の部分にスタンプします。

お友達のお名前『SAKI』とか『HIKARU』などでもいいですし、

『HAPPY』や『SMILE』、『LOVE』などでもいいですね^^

スタンプがなければ、マスキングテープで旗風にしてみても可愛いです

こちらは、ロリポップチョコなどで使うプラスチックの棒です。

もし木のスプーンやスティックが見つけられない時は、このようなものでも代用できます。

作り方

二層にする場合は、まず、ホワイトチョコを溶かします。

耐熱の器にチョコを割り入れて、レンジで温めます。

この時、完全に溶けきる前に取り出し、混ぜることによって完全に溶かすようにしてください。

製氷トレイの3分の1~4分の1程度の量を流しいれます。

スプーンですくって、そっと入れてくださいね。周りにチョコが付いてしまうと仕上がりが悪くなってしまいます。

入れ終わったら、トレイを軽くトントンと振動させてチョコを平らに均してください。

これをすることによって、凹凸のあったチョコの表面が綺麗に整います。

ここで一旦冷蔵庫に入れて、ホワイトチョコをしっかり固めます。

その間に、ミルクチョコレートをホワイトチョコと同じやり方で溶かしてください。

固めたホワイトチョコの上にミルクチョコを流し入れます。

全部流し入れたら、少しだけ冷蔵庫で冷やします。

チョコを流し入れてすぐにスティックを刺すと倒れてしまいますし、

冷やしすぎると木のスティックを刺せなくなるので注意してくださいね。

こんな感じで自立できる状態がベストです。

ここにデコする飾りをのせていきます。

マーブルチョコやアポロチョコなどのせてもカラフルで可愛いですね!

こちらはいろいろなものが少量づつ入っているので便利ですよ

デコが終われば、冷蔵庫で冷やして固めます。

冷やし固まったチョコは、氷を外すときと同じ要領でトレイを捻ると、綺麗に簡単に外れます。

ラッピングは、このようなものを用意しました。ダイソーで35枚入り108円です。

チョコの部分を下にして入れて、上部をキュッと留めます。


まとめ

どうでしたか?とっても簡単ですよね

作り方は、チョコを溶かして小さなアルミカップに入れデコるという、THE定番の手作りチョコとほとんど同じですよ。

ほとんど同じなのに、アルミカップを製氷トレイに変え、スティックを刺しただけで、目新しさがありますよね。

ラッピングに、「ホットミルクチョコ」としての食べ方を添えてもいいですね^^

バレンタインまで後二週間。

何を作るか迷っておられる方の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク