小学生 低学年・夏休みの自由工作おすすめ。 簡単!プラ板で作るお魚モビール

小学生、夏休みの自由工作におすすめ

夏休みの宿題、何を作ったらいいのか、子どもより親の方が困ってしまいますよね。

今日は、わたしが以前、小学1年生の娘と一緒に作った夏休みの工作をご紹介します。

  • 市販のキットなどを使わず
  • 簡単に手に入る材料
  • 製作時間は数時間~半日程度
  • ある程度こどもが1人で作れる
  • ( 多少見栄えする )

これらの条件を満たしているかな、と思います。

画像付きで解説しますので、是非作ってみてください!

プラ板で作るお魚モビール

材料

  • プラ板 厚さ4㎜(3㎜でも可)3枚ぐらい 100均に売ってます
  • 紙やすり(サンドペーパー)目の細かいもの
  • 色鉛筆
  • 油性マジック
  • パンチ(穴をあけるもの)
  • アルミホイル
  • 下書き用の紙
  • 画像にないですが、辞書などの厚みのあるもの
  • オーブントースター

作り方

①プラ板の片面をサンドペーパーでこすって、傷をつけます

②紙に下絵を描きます。サイズは10㎝~15㎝ぐらい

③油性マジックで、下絵を写します。

④写し終わりました

⑤裏返し、削った方の面に色鉛筆で色をぬります

⑥はさみで切る(固いので気を付けて)

⑦パンチで穴をあける(忘れないでください!)

このようにパンチの裏側から確認しながらあけるとズレません。

➇トースターで熱します

必ずアルミホイルをくしゃくしゃにしてくださいね

こんなにぐにゃぐにゃになりますが、大丈夫ですよ

⑨平らになったら、辞書などの間に挟み冷まします。

完成!

上は15㎝の長さで作ったお魚です。

(穴を開けるのを忘れました!)

たくさんお魚をつくったら

お魚同士をつなぎます。

わたしはカラフルにしたくて、いろいろな色の刺繍糸でつなぎました。テグスなどでもいいですね。

4本作ったのですが、吊るした時に魚の位置が重ならないように、少しずれるように糸の長さで調整しました。

ヒトデも混じっています。

※ プラ板に穴を開けるときなのですが、一番下になる魚は上側に1つ開けてください。

それ以外(一番上~真ん中の位置にくる魚)は、上側と下側に穴を開けてください。

先ほどの作り方では、魚を切り抜いたあとすぐに穴を開けていますが、

全ての魚の色を塗り終えて、吊るす順番に並べて、どの魚の、どの位置に穴を開けるのか確認してから穴を開けてください。

この時、魚の配置を写メにとっておくといいですよ。

モビールの完成です

わたしはセリアの吊り下げのワイヤーかごを逆さまにして(チェーンの位置を変えて)モビールにしました。

拾ってきた細い枝に横一列に3本ぐらい吊るしても可愛いかなと思います。

注意点!コツなど。

  • プラ板を切る時、危ないので親御さんが切ってあげてください。
  • パンチで穴を開ける時は、親御さんがしっかり確認してあげてください。
  • トースターは熱いので、お子さんの火傷に気を付けてください。

小さいお子さんほど、要所要所、親御さんの手助けが必要となりますが、

絵を描くところ、色を塗るところは、お子様ひとりでも十分できます。

(プラ板の裏表はしっかり見てあげてくださいね)

メインのお魚に子どものオリジナリティがでるので、子どもの工作にぴったりなんです。

お魚以外にも、女の子でしたら「お花・ちょうちょ・てんとう虫」でも可愛いですし、

男の子でしたら、「星・地球などの惑星・ロケット」なんかでもかっこいいモビールができそうです。

製作時間は、一気に作っても半日ぐらいですし、また行程を分けても十分作業できます。

材料も簡単に手に入るものばかりですので、是非お子様と挑戦してみてくださいね!

スポンサーリンク