ほつれ補修針で簡単にニットのほつれを治す方法。

ショック!ニットの糸のほつれ

細かく密に編まれた「ハイゲージニット」は、すっきりとした印象でオフィスカジュアルとして重宝しますよね。

わたしの働く職場は、少し厳しめのオフィスカジュアルですので、冬場は基本的にハイゲージニットを愛用しています。

また、ざっくり編まれた「ローゲージニット」はカジュアルな優しい雰囲気で、こちらも大好きです。

職場で着用するニットは自宅で手洗いし、なるべく痛まないように大事にしているのですが、ときどき何かにひっかけてしまい、糸がでてしまうことがあります。

ぴろぴろと糸がでてしまったとき、とっても悲しい気持ちになりますよね。買ったばかりだったりすると、ショックは大きいです。

人に見られるのも恥ずかしいですし。

一刻も早くなんとかしたくて、生地を上下左右に引っ張て、ほつれをごまかそうとしたり、先の尖ったもので押し込んでみたり・・。

しかしどれも効果が薄くて、ハイゲージニットの場合は、糸のほつれが隠し切れません。

スポンサーリンク

魔法の針

ところがある時、100円均一のお店「セリア」で、初めて見る商品を見つけたのです!

ほつれ補修針

うっかりひっかけちゃった衣類の糸のほつれも大丈夫!ヤスリ状の針が衣類のほつれを簡単に補修します!

・引っ掛かりが良い特殊凹凸加工

・針穴が残らない極細タイプ

説明文にそのように書かれていました。

実際にどのようになるかわからないけれど、100円だし、試しに購入してみることにしました。

糸のほつれ補修レポート

糸がでていますよね。

ニットの表側から、ほつれているところに針を刺します。そしてゆっくり裏側に引き抜いていきます。

通常の針の穴が空いている部分がヤスリ状になっているので、そのヤスリ部分に糸が絡まり、ほつれている糸が裏側にまわります。

ちなみに、1回だと少し不十分でしたので、同じ工程を2回繰り返しています。

これが、補修後のニットです!

どこがほつれていたのか、まったくわかなないですよね!

簡単すぎて、この仕上がり!本当に感激です!

ほつれ補修針は常に携帯

こんな便利なアイテムなので、世間では有名なの?わたしが知らなかっただけなの?と思ったのですが、主婦の友人のほとんどが知らなかったです。

お裁縫用具ですが、お裁縫箱に入れず、いつでも使えるように毎日持ち歩くポーチに入れています。

ほつれたらすぐに使いたいですからね。

職場でもほつれている人を見かけた時、思わず声をかけて補修してあげています。みなさん一同感動してくれます。

こんなお得なことも

先日、組曲・23区・自由区などのブランドで有名なオンワードのファミリーセールに行ったのですが、ワケあり商品のワゴンの中に、糸がほつれた自由区のニットが入っていました。

オフホワイトのカーディガンで、素敵なボタンがついた上質なニットだったのですが、毛糸のほつれの為に、2000円になっていたのです。定価14000円ほどの商品でした。

いくらワケありでお安くなっていても、普通だったら、最初からほつれているニットなんて買わないですよね。

でもわたしはこの補修針をもっていたので、迷わず購入を決めました!

そして、ささっと補修して新品のような仕上がりです。なんだかとっても得した出来事でした。

スポンサーリンク

取り扱っていないセリアもあるようですので、もしなければ、一度お問い合わせしてみてください。

【販売元】株式会社サンヒット  0120-898014

もしセリアで見付けれなければ、100円ではないですが、ネットでも同じようなものがありました。

1本持っているとほんとうに便利ですよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする