銀製品・シルバーアクセサリーの黒ずみの磨き方!

この数ヶ月、おうち時間が増え、整理整頓、断捨離をされた方も多いのではないでしょうか。

私もあちこち片付けに精を出していたのですが、処分するか迷ったのがシルバーのアクセサリー類です。

独身の20代前半のころはよく使用していたのですが、もう10数年使わずに引き出しに仕舞ったままでした。

デザイン的に今後も使うことはないですし、すっかり黒ずんで輝きを失っていましたが、思い出もあるし、処分することはできませんでした。

一通り、眺めたり指にはめたりして、片付ける前にシルバー磨き用のクロスで拭いたのですが、全然きれいにならないのです。クロスで輝きを取り戻せるレベルの黒ずみではなかったのですね。

いくつかあったアクセサリーの中でこの二つが一番、酷かったです。もはやシルバーとは思えない、銅製品?と思えるレベルの変色様です。

購入した時に入っていた保存袋にいれて保管していたんですけど、放置している時間が長すぎました。

どうやったら酸化による黒ずみを取り除いて、輝きを取り戻せるのか?

できれば簡単に、身近に手に入るもので・・。

いろいろ調べて、一番簡単にできそうだったものを早速やってみたので紹介したいと思います!

スポンサーリンク

重曹であっという間にピカピカに!

準備は簡単!

用意するものは、重曹と容器と水だけです!

重曹がなければ、100円ショップに売っているので、お近くのダイソーやセリアでお買い求めください。ドラックストアにも売っていますが、使用するのは少量ですので、100円ショップのもので十分です。

私が使用したものも、ダイソーかセリアの商品ですよ。

まず、このように容器にアクセサリーと適量の重曹を入れます。

こんな感じです。

重曹の量は、感覚でふりかけたので、何gというわけではありません。

使い捨ての手頃なサイズの容器が見当たらなかったので、陶器の器にアルミ箔をかぶせて使用しました。(器が変色や変形をするわけではないのですが、何となく念のためです。)

そして、少量のお水を注ぎます!

あっという間に泡が発生しました。

泡で様子が見えにくいけれど、みるみる輝きを取り戻しているのがわかります!

この間、ほんの一瞬なので、お子様に見せたいかたは、お水を注ぐ前に呼んであげてくださいね。色が変わる瞬間はあっという間です。理科の実験みたいで楽しいですよ。

泡が落ち着いて、アクセサリーの様子が見えてきたところです。

どうですか?黒ずみがあっという間にとれてピカピカです。

ブラシで擦ったりなんかしていません。お水を注いて泡が発生した後、1分ほど放置しただけです。

さっと流水で洗って拭いた状態がこれです。

購入した時と同じようなシルバーの輝きを取り戻しました。

正直ここまで簡単にピカピカになるとは思ってもみませんでした。それも家にある重曹と水だけで。簡単すぎで拍子抜けしたぐらいです。

スポンサーリンク

まとめ

放置していると黒ずんでしまうのが銀製品。

これまでは、シルバー磨きのクロスで擦って黒ずみを取っていたのですが、小さな細工の部分など磨き辛く、思ったような輝きが取り戻せませんでした。

それがまさか、こんなに簡単な方法でピカピカになるとは・・。本当にびっくりです。

今回はアクセサリーでしたが、銀のスプーンやフォーク、フォトフレームやトレイなど、比較的大きめな物でも、重曹とそれに合うサイズの容器されあれば、あっという間にお手入れすることができますね。

お手入れも実験みたいで楽しいですし、是非是非お試しください^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする