職場でのアクセサリー マナーを守って品よく素敵に

みなさんの職場は、アクセサリーについての決まり事はありますか?

わたしの職場は、服装に関しては「オフィスカジュアル」という規定ですが、

色は、白・黒・紺・グレー・ベージュなどの落ち着いた色、

柄はシャツの薄いストライプ程度なら可といった感じですので、オフィスカジュアルと言えど、少し厳しめかもしれません。

アクセサリーに関しても、「華美にならない程度のもの」と記載されています。

この表現、人によって基準がマチマチですよね。

しかも、社会人としての常識を問われているような気もします。

スポンサーリンク

基本的にアクセサリーは仕事をする上で必要なものではないですが、おしゃれだって楽しみたいですよね。

職場でのルールを守りながら、他人に不快感を与えないアクセサリーの付け方・選び方をご紹介します。

アクセサリーが禁止の職場

当たり前ですが、社則で禁止されているのであれば、どんな小さなものでも身につけるのはやめましょう。

社会人の基本です。

しかし、アクセサリーがNGだからといって、ヘアアクセサリーも黒いゴムのみ、ということはないですよね。

お洒落ができないと諦めず、ヘアアクセサリーにこだわってみるのもいいですよ。

わたしは背中までのロングヘアで少し巻いているのですが、このヘアアクセサリーをよく使っています。

どちらも1000円ぐらいのお品なのですが、シンプルで品よく、合わせやすいです。

こちらのヘアゴムは送料無料だったので、楽天ポイントの消化の為に購入しましたが、

買ってよかった物の1つです。

ベージュカラーのパールが、どんな色味のトップスとも合わせやすく、品よく、かつ華やかにしてくれます。

また、リボン作家の友人がパートを始める際にプレゼントしてくれたこちらのバレッタも愛用しています。

アラフォーでリボンはちょっと気恥ずかしいのですが・・、

黒のパンツにベージュのニットの時はベージュのリボン、

ネイビーのパンツにライトグレーのニットの時はグレーのリボン、

というように、シンプルなカラーとアイテムに合わせると甘さが目立ちません。

また、リボンにインパクトがあるので、その他のアクセサリーは一切つけません。

この時、髪は低めの位置で束ねてくださいね。

これが、アラフォー女性でもリボンアイテムを身につけるコツでしょうか。

指輪・ピアス・ネックレス

どれもシンプルなものが基本だと思っています。

アクセサリーがOKだからといって、大ぶりの物やキラキラしすぎるもの、ブランドロゴは入ったものは職場では控えましょう。

指輪・リング

電話対応やキーボードでの入力作業など、仕事の邪魔にならないのが前提です。

また来客へのお茶出しなどがある方は、手元はとても目立ちますので、細めの控えめなデザインがいいと思います。

結婚指輪を付けている方が、何個も指輪をすると、印象が強くなってしまいます。

もしつけるなら、結婚指輪に重ねて同じ指につけると控えめ かつ、おしゃれな印象になりますよ。

ピアス・イヤリング

耳たぶに収まる程度の小ぶりのものにしましょう。

揺れるタイプや、ストーンの大きいもの、ファーなどのついたものはNGです。

職場では、プチダイヤや、パールなどが知的で上品な印象です。

ピアスは受話器があたって傷がつくので、本物ではなく、イミテーションの方がいいですよ。

このフックにパールがちょこんと乗ったピアスは、わたしの一押しです!

パールの大きさは、小さいものから大きなものまで数種類あるのですが、わたしは8㎜の物を使っています。

職場では8㎜ぐらいのサイズがちょうどいいと思います。

ちょっと変わったデザインが気に入ったのですが、つけてみてびっくり。

受話器を耳に当てた時、痛くないのです。

通常のピアスだと、耳の裏側に刺さってしまいますよね。

しかしこちらのピアスは刺さらないのです。是非試してみて欲しです^^

ネックレス

細いチェーンの小さなトップがついたものがいいです。

チョーカーのように短すぎず、ペンダントのように長すぎす、鎖骨あたりに収まる長さがいいですね。

スポンサーリンク

職場ではつけすぎない!引き算の方式で。

指輪、ピアス、ネックレス、どれもシンプルなものだからと言って、それを全て身につけてしまうと、

アクセサリー過多な人になってしまいます。

控えめが基本だということを忘れないで欲しいと思います。

例えば、私の場合ですが、

時計と結婚指輪は必須アイテムですので、基本的に他の指輪はつけません。

手元がうるさく感じられるからです。

また、Vネックのときにネックレスはしますが、ピアスはしません。

タートルネックのときはネックレスはしないので、ピアスをつけます。

首元と耳元は近いので、どちらもつけてしまうと、アクセサリーをつけてる感じが強調されてしまいます。

普段のおしゃれならそれもいいのですが、職場では、それはマイナスの印象です。

職場にはいろいろな年代の方、いろいろな感覚の方がいらっしゃいます。

アクセサリーはつけ方一つで、相手を不快にさせてしまうこともありますし、社会人としての常識を疑われてしまうことにもなりかねません。

あくまでも「控えめに・品よく」を心掛けたいですね。

職場でのスマホのマナーについて書いています

仕事中、幼稚園・学校からの連絡気になりますよね。さりげなくスマホを確認する方法です。とっても簡単ですよ。
スポンサーリンク