熱がないのに、コロナ陽性で血中酸素濃度93%だった夫。陽性1日目

スポンサーリンク

先月、夫が新型コロナウィルスに感染しました。

世間的には第五波の緊急事態宣言の最中で、日に日に感染者が増えているという時でした。

夫は50歳手前で、持病なし。仕事は営業です。コロナ禍になってからは、通勤に営業車の使用が許可された為、電車バスなどの交通機関は使用していません。

ただ勤務先の事務所はビルの中にあり、毎日多くの方が出入りするのと、営業の日中、コンビニに立ち寄ることも多いとのことです。

我が家は、都道府県でいうと大都市ですが、中心部から離れているので郊外と言えば郊外。我が市の1日の感染者は60〜90人/日ぐらいを推移している感じでした。

ちなみに余談ですが、夫は、男性の割に綺麗好きで、昔から帰宅後は手洗いウガイをきちんとするタイプです。

そんな夫が8月のある朝、なんかダルいと申しまして‥。熱を計ると37.2度。発熱は37.5度以上と言われているので、熱があるとは言えないけれど平熱より少し高い感じです。

月曜日の朝の寝起きって、多少のダルさや体温の高さは誰しもあるのでは‥と思うところですが、主人なりに思うところがあったのでしょう。

「念の為、病院で検査するわ」

と言うのです。熱も咳も頭痛もないのに、身体のダルさと体温が平熱より高いだけで検査受けられるの?と思ったのですが、ネットで検索して午前中に診察に向かいました。

病院で熱を計るも37.3度。それでも少し体調不良をオーバー気味に伝えたのか⁉︎PCR検査をしてくれたそうです。

そして検査結果を待つ間に血中酸素濃度を計測したらしいのですが、お医者様が、濃度が低いのでCT(レントゲンかな?)を撮りましょうということになり、急遽CTの撮影を行ったそうです。

すると、少し白い影が映っていて肺炎になっているとのことでした。よって、PCR検査の結果が出る前に陽性の可能性が濃厚になりました。

CTで肺に影があると分かった時点で車に戻り、私に報告してくれたのですが、本人曰く、ダルいと言えばダルいけど、普通に仕事もできそうなぐらい。熱も何度測っても37.5度より上にはならないと。ほぼ陽性だと思うけど、PCRの検査結果が出るまで車で待機しながら仕事の調整をする、とのことでした。

程なくして結果がわかり、陽性だったのですが、電話の声はいつもと変わりなく、ほぼ無症状、軽症の部類なんだなぁと少し安堵していた私です。

しかし、これから自宅療養に入るわけですから、あれこれ寝室を整えたりしているうちに主人が帰宅。足取りも悪くなく、すぐに寝室に行き、着替え、ベットで身体を起こした状態でまだ仕事の調整を行っていました。夕方4時頃です。

「保健所から連絡があるみたいだからそれに従って、って言われた」

と言うので、それを待ちつつ、私や娘は濃厚接触者になったわけなので、私の職場や子どもたちの学校にも連絡しました。幸い夏休み中なので助かりました。

18時を過ぎた頃様子を見に行くと、明らかに容態が悪くなっているではないですか。たった2時間の間に凄く悪くなっている。頭痛が激しいと言っていて、ぐったりしていました。

朝8時頃、熱や頭痛がもなく、少しのダルさを感じただけの主人。このコロナ禍でなければ、間違いなく出勤していたでしょう。

それなのに、あっという間に悪化し、無症状軽症とは言えないレベルになっていたのです。

続きます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする