本が好きな子が、国語の成績が良いわけではない事実

我が家の姉妹は、

本が大好きな子供です。

0歳から読み聞かせを始め、

(犬の絵を見てワンワン、程度のものですが)

小学2年生の頃には、

「ハリポッターシリーズ」を制覇していました。

今でも読まない日はないのでは?というほどで、

いつも夢中になって読むので、

こちらが話しかける声が聞こえなかったり、

優先順位が守れなかったり、

日常的に困ることもあるぐらい。

本を全く読まない子の親御さんからは

贅沢な悩みだと言われますけど。

そんな姉妹の国語の成績ですが、

他の教科に比べてとても良いです。

ジャンル問わず本をよく読みますし、

国語のテストの点数もいいので、

読書量と国語の成績は比例しているのだと

ずっと思っていました。

スポンサーリンク

国語の成績が良かったわけ

小学校の国語のテストは、

国語の授業で学習したことがでますよね。

読み取りの問題で、主人公の気持ちなどは、

すでに学習して、正解を知っているわけです。

それを改めてテストするわけですから、

点数としては取りやすいのですね。

本をたくさん読むので、

国語の成績が良いのだと思っていましたが、

小学校のテストは、知っている問題がでただけで、

読書量が関係している訳ではなかったのです。

読書量と国語の成績は比例しない

小学校の国語のテストはとてもいいのに、

塾で受けるテストは、思ったように伸びないのです。

塾の公式テストは、

成績結果を分析してくれるのですが、

漢字や語彙などは問題なく解けています。

(この点に関しては、

読書量も関係していると思います)

しかし、物語の文章問題が弱いのです。

点を落としているのは、この部分です。

「物語の文章問題」は、

本が好きな、読書量の多い子なら、

一番得意とする分野ではないのでしょうか。

それがいったいなぜ、成績が伸びないのでしょうか。

スポンサーリンク

本好きの落とし穴

なぜ塾では国語の成績が良くないのか、

素人の私ではわかりませんでした。

問題が難しいのかも・・?

先日、塾の個人懇談で相談したところ、

本が好きで、本をよく読む子は、

本の世界に入ってしまう傾向にあるというのです。

「私ならこうするな」「僕だったらこう思う」

このような感情移入が、テストの問いを解くのに

邪魔になっているそうです。

算数の正解は一つですが、

本を読んだ時の感想は一つではないですし、

正解も間違いもありません。

しかし、テストとなると答えは一つしかないのです。

国語の文章問題で点を取るには、

自分がどう思ったか、感じたかではなく、

「筆者が何をいいたいのか」

これを読み解く力が必要なのです。

塾の公式テストでは、

初見の物語が出題されることが多々あります。

本が好きな子は、問題を読んでいるうちに、

「筆者の意図」よりも「自分の気持ち」が

優位にでてしまうのですね。

そこが、テストの点を落とす原因ということです。

読み解く力を訓練する

国語の成績云々は置いておけば、

本をたくさん読むということは、

知識や世界を広げてくれ、とてもいいことです。

語彙力や文章力は身に付きますので、その点では

国語の成績にいい影響があるのも事実です。

しかし、文章問題の読み取る場面では、

「作者の意図」よりも「自分の気持ち」がでてしまい、

結果、その相違がテストの点数に響くのです。

本好きが裏目にでてしまうのです。

そう言われて、なるほどなぁと思いました。

確かに、国語の参観など見ると、

「主人公のこの時の気持ちは?」の問いに

たくさんの意見がでますよね。

物語の感想など、十人十色なのです。

その異なった意見から

先生が1つの正解を導くのです。

その導かれた答えが、テストの正解なのです。

小学校の国語のテストで成績が良いのに、

塾のテストで点を落としているのは、この違いでした。

塾の先生曰く、

そこはもう訓練しかない、と。

国語のテストで点を取る為には、

筆者の意図を忠実に読み取る力をつける

これに尽きるそうです。

この訓練ができれば、

もともと本好きな子ですので

しっかり読み取ることができるようになる、

そうおっしゃいました。

本を楽しんで読んでほしいのは変わらないですが、

塾に通っているからにはしっかり勉強して、

身につけてくれたらと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする